SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


5月25日 FINANCIAL TIMES ALPHAVILLEは、ウクライナのソーシャルネットワーク ASKfmのイニシャル・コイン・オファリング(註)の奇抜な宣伝が、シェルパに死をもたらしたと伝えたそうだ。註 仮想通貨の資金調達手法

ASKfmは、50万のASKfmトークンが入ったウォレットをエベレスト山頂に置き、同額のトークンが入ったもう1つのウォレットをコンテストで提供するというイベントを主催したという。

YouTubeプロモーションビデオで、エベレスト山頂のウォレットは、それを手に入れるだけの勇気ある人のものになるとしていたそうで、広報担当者によると山頂のトークンは総額5万ドルの価値が期待できたという。

ASKfmは新しいピークに達します, エベレストは、スケール – CoinVedi – CryptoCurrency最新ニュース – デイリービットコイン & Altcoinバズ

Bitcoinist.net · かもしれません 25, 2018 · 5:00 am As everyone knows, Bitcoin has had an ultra-impressive run. 今, 初期コインの提供 (ICOS) are the cryptocurrency space’s hottest offerings, thanks to their ability to provide high returns on investment. そうは言っても, not all ICOs are created equal. Some will barely reach the finish line, let alone shoot the moon.

FINANCIAL TIMES ALPHAVILLEは、ウクライナのチームが山頂に到達したことをエベレストブロガーの記事で確認したが、記事にはチームに同行していたシェルパのラム・バブ氏が下山中に死亡したことを伝えており、「非常に問題のあるケース」とのコメントがされていたという。

「45歳のシェルパが雪盲になって、よろめいていたというのに、誰も彼を助けることができなかったというのは、理解しがたい。この悲劇について、もっと詳しい情報が手に入ればと思っている」

シェルパ ラム・バブ氏の死は、ウクライナ語と英語の両方で公表されているとFINANCIAL TIMES ALPHAVILLEは伝えており、登山家の1人も取材に対してシェルパが死亡したことを認めているそうだ。

エベレストで1人死亡、ウクライナの奇抜なICO宣伝が招いた悲劇

ウクライナ企業が実施する予定だったICOの宣伝のため、エベレスト登山が行われたが、その途中で登山をアシスタントしたシェルパが死亡する悲劇が起こった。

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK