SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


5月20日 過去5年に40人が山菜採り中に死亡している北海道で、道警が山菜採りでの遭難を想定した実験を行ったそうだ。上空からのヘリ捜索における被視認性を検証している。

北海道ニュース UHB

暖かくなり、タケノコ採りシーズンがやってきました。大勢の人がタケノコを求めて山深くへと入っていきますが、遭難する人が後を絶ちません。  5月21日も北海道北広島市で遭難事故がありました。いざという時に命を守るために必要なことは何でしょうか?。  北海道でよく食べられるネマガリタケ。採れるのは笹やぶの中です。  この時期、笹は人の身長を超え、2メートルほどに生い茂ります。 …

北海道ニュース UHB

訓練の最中に飛び込んできた遭難の通報。  「おーい!」  3人でタケノコ採りに来ていたうちの1人が、待ち合わせの時間になっても現れないのだといいます。  携帯電話も圏外となり繋がりません。必死の捜索が続けられます。  そして、20分後…。  「いたよ、いたよ!」  自力で下りてきた男性を無事発見。大事には至りませんでした。  「何分もたってないのに」「いや、結構たっていたよ」 …

また、当サイトのこの記事も併せて読んで 頂きたい。

迷彩ウェアで山に来る前に考えておきたいこと – 遭難.net

登山ウェアは様々な素材を採用しながら市場に投入されているが、日ごろから気になっていることがある。 それは、カモフラージュが施された迷彩模様のウェアを着用している登山者に出会うことが時々あることだ。 アウトドアで低視認性のウェアを着る危険性 ロービジと言われる低視認性の模様が施されたウェアは、他者から視認されにくく、遭難時の発見を困難にすることがある。 元々、それが狙いなのだから当然の結果だ。

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK