SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


6月6日 山梨県警南部署は、今年5月に南アルプス中部の笹山の急斜面で発見された一部白骨化した遺体が、昨年7月から行方不明になっていた千葉県船橋市の高齢者 福本健一 氏のものだったと発表したそうだ。

死因は滑落と見ているようだが、一緒に入山した妻の遺体は見つかっていないという。

山梨・笹山の登山道下に千葉の男性遺体、遭難か

山梨県警南部署は6日、山梨県早川町の笹山(2733メートル)の登山道下の急斜面で、昨年7月から行方不明になっていた千葉県船橋市の無職、福本健一さん=不明当時(67)=の遺体が今年5月に見つかったと発表した。肋骨などが折れており、登山中に転落したとみている。一緒に出かけた60代の妻は見つかっていない。

南アルプスで千葉の男性遺体確認|NHK 千葉県のニュース

先月、山梨と静岡にまたがる南アルプスの笹山で一部白骨化した遺体が見つかり警察が調べたところ、去年7月に妻と一緒に登山に出かけたまま行方がわ…

千葉の夫婦が早川町で遭難 夫の遺体発見 | NNNニュース

NNNニュースは最新のニュースを24時間お伝えする日本テレビネットワーク各局のニュース専門チャンネルです。


SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK