SPONSORESD LINK

SPONSORED LINK


立ち入りが困難な場所も俯瞰して状況を把握するため、損害保険業界で、小型無人機ドローンの利用が広がっているそうだ。

損保ジャパン日本興亜では、協定を結ぶ新潟県からの要請で、五頭連峰で行方不明となっている親子の捜索にドローンを使用したという。

3年ほど前から損保各社でのドローン導入がはじまっているとのことだ。

損保業界:ドローン活用 「鳥の目」で事故・災害調査 – 毎日新聞

損害保険業界で、小型無人機ドローンの利用が広がっている。事故や災害時、立ち入りができない場所も「鳥の目」で状況を把握し、迅速な保険金支払いにつなげるのが狙いだ。自治体との連携や、AI(人工知能)と組み合わせた新たな手法の研究も始まった。



SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK

SPONSORED LINK
アウトドア&スポーツ ナチュラム