SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


気象庁富士山測候所の職員が68年間綴ってきた40冊以上の「カンテラ日誌」の所在が分からなくなっていた問題で、今までは「保管義務がない」などと曖昧な回答していた東京管区気象台だが、毎日新聞の取材に対して昨年11月に文書整理のため廃棄処分にしていたことを明らかにしたそうだ。

気象だけでな空襲の様子など歴史的にも貴重な資料だったというが、68年に渡り綴られた日誌を簡単に廃棄してしまうとは酷い話だ。保管場所に問題があるならせめて電子化して永久に残せるようにして欲しかったと思っている研究者も多いことだろう。

行政文書ではないとの廃棄理由も後づけの匂いがしてならないのだが…

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK