SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


2018年5月6日朝に 「写真を撮りに滋賀県の高い山に行く」と言ってオートバイで出掛けた京都市消防局 山科消防署 阿部恒世 副署長が、7日になっても帰宅せず行方不明となっていること、ミノガ峠付近の登山道にオートバイが停められているのが見つかっているが、本人発見に至っていないと、5月8日ごろから各局が報じはじめた。

 news.line.me
LINE NEWS

山科消防署の副署長 山に出かけて行方不明 バイクだけ見つかる (関西テレビ) – LINE NEWS

京都市の山科消防署の副署長の男性が6日、趣味で山にバイクで出かけたまま行方が分からなくなりました。8日午後になって、副署長が乗っていたバイクだけが見つかりました。行方不明になってい

元記事が一定時間を経過したため消去されていたので、新たに関西テレビへのリンクを貼付。

SPONSORED LINK

5月10日 行方不明となってから5日が経過したが、有力な手がかりが見つからず、家族の方が、情報提供を呼びかけていたTwitterで捜索が中断となったことを発表した。

 

5月14日午後1時20分ごろ 東近江市の山中の急斜面で、捜索中の同僚や彦根署員が阿部副署長の遺体を発見したとの報道があった。鈴ヶ岳山頂から北西約500mの斜面で、滑落事故があったとみているようだ。

行方がわからなかった9日間、家族の方は大変な思いだっただろう。無事ではないが、家族のもとに帰れたことが僅かでも救いになればと思う。

おそらく、阿部副署長はミノガ峠にオートバイを停めて境界尾根~鈴ヶ岳と続く登山道を進み、鈴ヶ岳山頂からミノガ峠へと引きかえす途中で事故にあったのではないだろうか。

SPONSORED LINK

不明の消防副署長、遺体で発見 滋賀の山中、滑落か(京都新聞) – goo ニュース

05月14日 23:10  14日午後1時20分ごろ、滋賀県東近江市君ケ畑町の山中で死亡している京都市消防局山科消防署副署長(55)=近江八幡市古川町=を、捜索中の同僚や彦根署員が見つけた。 …

家族の方が懸命に情報収集にあたったにも関わらず、捜索が長期化してしまったこと、写真撮影が目的だったことから、登山計画書が提出されていなかったのではないだろうか?

捜索が長期化すれば、発見を待つ家族への負担や心労は計り知れないものがあると思う。自分だけでなく家族のために、入山前には行動計画を明確に立てて、登山計画書を提出しておかなければならないと感じた。

 

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK