SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


今回は中古テントのメンテナンスをレポートします。

手に入れたのは石井スポーツ定番のシングルウォールテント GORE LIGHT 1~2人用。
現在はさらに高機能なX-TRECK FABRICを採用した後継モデル G-LIGHT が販売されています。

10年前に購入とのことで、各所にくたびれたところが出ているこのテント。
最低限使えるものにするためにメンテナンスしていこうと思います。
これから紹介するのはユーザーが行ってよい範囲を超えた内容ばかりです。
従って、結果としてテントが壊れても自己責任というリスクはありますが、
できるだけお金をかけずにDIYで作業してみます。

 

各部の状態

[生地]
シェルには、GORE-TEXの積層剥離等の劣化は感じず、年数の割に綺麗なほう。
しかし、室内側は所々カビのような黒い点状の汚れ。特にドア内側に集中しています。
ボトムは染み汚れもあり、光を透過させてチェックしたら1~3mm大の穴を4つ発見。
四隅のうち一つに、ボトム生地を合わせる縫い目が開いて穴になっている場所あり。

 

[シーム]
上から下まで全てのシームテープが浮いて剥離しかかっています。
これでは縫い目からの雨の侵入を防ぐのは難しそうです。

[フレームの状態]
ポールは全体に良い状態です。
ゴムのテンションはまだ十分ですが、ほんの少し弱くなっているかも。
折り畳むと気づかない僅かな反りもあるけど、 実用に全然問題ないレベル。

 

[ファスナー]
ドアとメッシュパネルそれぞれにYKKファスナーを採用。
しかし、ドアのファスナーを閉めてもエレメントが嵌合せず、手元から開いてしまう状態。
ファスナーレール一本にスライダーが二つ装着されていますが、どちらも同じです。
これでは、たやすく雨風が侵入してしまうため非常に危険で、修繕が必須と言えます。
エレメントは比較的キレイで、歯の欠けた場所などもありません。

 

第一日目:シームテープの除去・クリーニング・撥水処理

[シームテープの除去]
浮き上がってしまったシームテープには、もはや防水効果も期待できません。
手で引っ張ると簡単に取り除けます。思い切って全面的に剥がしてしまうことにしました。

[クリーニング・撥水処理]
汚れが気になったので水洗いしてみることに。
水を張った大きなバケツに家庭用洗剤をごく薄く入れて、時間をかけて優しくもみ洗い。
生地を傷めないように注意しながら、大まかに汚れを落としていきます。
このときにファスナーエレメントも丁寧に洗って点検します。
汚れでまっ茶色の水が透明になるまで十分すすぎ洗いして、洗剤の成分を除去。

次にNIKWAX TECH WASHを溶かした水で再度もみ洗いをして残った汚れを落とします。
しばらく溶液に漬け込んで放置したりしながら、最後に再び完全にすすぎ洗い。

洗い終わったら大型乾燥機で乾かします。熱処理で生地の撥水力復元も期待します。
その大きさから脱水機にかけられず水分を残したままの状態で乾燥機に投入。
完全に乾く一歩前の状態まで20分、残りは張った状態で自然乾燥させます。

この工程では写真を撮るのをすっかり忘れていました…

 

第二日目:ファスナー修繕

[ファスナーの修繕]
この写真にあるようにスライダーより右側のエレメントが嵌合してなければならないのに…

考えられる原因はファスナースライダーの摩耗です。
洋服に比べるとテントのファスナーは非常に長くて、直線距離で2m前後もの距離を走ります。
さらにテントは砂や埃にさらされるために、ファスナースライダーはとても摩耗しやすい環境。
摩耗しているとエレメントを深く噛み合わせられないため、閉めたはずの場所でも開いてしまいます。

 

そこでペンチを使ってスライダーの左右のクリアランスを微修正していきます。
一気に締めず、少しづつスライダーの動きとエレメントの嵌合具合を確かめながらが良いでしょう。
強く締めてスライダーやエレメントを壊さないように慎重に。

 

二つとも、うまくいきました。
きちんと嵌合するようになったスライダーはとても軽くなります。

そして、油脂系の潤滑剤は汚れを付着させてしまうので、代わりにシリコンで潤滑。
シェルに付着しないように当て布でカバーして、細い吹きつけ口をエレメントに当てて、ごく軽めに。

 

しかし、このメンテナンス方法は恒久対策にはならないことも注意しておくべきでしょう。

摩耗したスライダーはメーカーに交換を依頼するのが本来の対策です。
エレメントの状態が良くてスライダー交換のみで済めば費用もそれほど高額ではないとのこと。
摩耗で広がったクリアランスを詰めても、さらなる摩耗で再び閉まらなくなるリスクがあります。

後半につづく

 

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK