SPONSORESD LINK


SPONSORED LINK

第三日目:シームコート塗布

[シームコート塗布]
剥がしてしまったシームテープ。このままでは縫い目からの浸水は避けられません。

そこで用意したのがアライテント製シームコート。チューブ入りで先端に細いノズルを付けて使います。
乾燥時間は約60分と、この手の商品の中では早い部類。

 

シームテープの代わりとしては、無理がありますが最低限の防水対策をシーム部に施してみます。
これを施してみて効果が無ければ、上からシームテープを貼ろうかと考えています。

このようにシームテープを剥がしてしまったテント内部。
あらゆる場所のシームテープが浮き上がってしまっていたため全部剥がしました。

 

本来はテントの外側から処理するものですが内側からも。辛い姿勢での作業になります。
また粘りが少なくて、気を付けていないと垂れてしまうので緊張します。
揮発性の強い溶剤の匂いが充満するので換気に注意。

 

バスタブの四隅は前オーナーもシーム処理していた模様。
もう少し丁寧に細く塗れば綺麗に仕上がるはずですが、ハミ出したりとやや雑な仕上がり。
重ね塗りするように塗布していきます。

 

シームコートを2本使って半日がかりでシーム処理が完了。
赤い線の部分が室内側から、青い線の部分が室外から塗布した場所です。

 

この後は翌日まで張ったまま放置して、十分に乾燥させました。

 

第四日目:小穴の補修その他

[小穴の補修]
補修に使うTENACIOUSTAPEのREPAIRTAPE。ハサミで切って使用します。

下に写っているのが一番大きな小穴で直径3mmぐらいの大きさ。
周りにポツポツと写っているのはシームシールを剥がした時のカスのようなもの。最後に絨毯用のコロコロテープで綺麗にしました。
テントを張ったままで持ち上げてバスタブを太陽に翳すと、太陽の光で穴の場所がはっきり分かります。

 

テープを貼ってゴシゴシと擦って圧着。
この大きさの穴は、室内側からと外側からの両面にテープを貼って小穴を塞ぎまず。
小さなものは室内側からのみテープで塞ぎます。

 

四隅のうち一か所(入口から見て左奥の角に、ボトム生地を合わせる縫い目が開いて穴になってる場所。
ここにも大き目にテープを貼ります。

 

[ポールゴムの調整]
伸びたままになったら交換ですが、少しだけ伸びた感のあるポールゴム。
テンションを強くするために、ハサミの場所でカット。

 

ひとまずこれでメンテナンスを終了とします。
本当に使いものになるのか判断するためには、今後、防水性テストやフィールドテストを重ねてみたいと思います。
確実なのはメーカーにメンテナンスを依頼すること。ここに紹介した方法は全て自己責任となります。
おすすめはしないけど、古いテントなら試してみる価値もあるかも・・・

 

今回使用のテント [PR]ICI石井 定番のGORE LIGHT後継モデルG-LIGHT。透湿性に優れるX-TREK採用で、設営簡単なシングルウォールで冬季登山に使用のユーザも多いはず。


PAINE G-LIGHT1-2人用


PAINE G-LIGHT3-4人用

 

気になる道具 [PR]
広い前室は、雨天の調理や靴の脱着を快適なものにしてくれるだろう。商品重量2.5kgとのことで山行にも使えそうだ。難点は設営場所を選ぶということか。

NatureHike 2-3人用 タープスペース付 ダブルウォール



SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK

SPONSORED LINK
アウトドア&フィッシング ナチュラム