SPONSORESD LINK


SPONSORED LINK

秋田県によると、2017年度の熊目撃件数は前年度比434件増の1,303件、人身被害は19件20人といずれも過去最多だったという。

戦後最悪の熊被害となる十和利山熊襲撃事件で、2016年に山菜採り4人が死亡している鹿角市では、山菜採りの季節には周辺の市道を通行止めにし、山林の入口にバリケードを設置、私有地にもロープを張るなどして入山規制を続けているとのことだ。

北秋田市の国指定遺跡「伊勢堂岱」では16~17年、熊出没が相次ぎ、17年7月には職員が襲撃され、2年連続で一般公開を中止し、本格的な対策に乗りださざるを得なかったという。

止まらぬクマ被害…秋田県内、対策手探り 昨年は目撃件数最多、狩猟者の育成急務

秋田県内の自治体が、相次ぐツキノワグマによる被害への対策に追われている。昨年はクマの目撃件数が最多を記録し、人身被害も続いた。集落の過疎化による里山の荒廃などが要因として指摘され、人間社会との共生を巡

 

気になる道具 [PR]
広い前室は、雨天の調理や靴の脱着を快適なものにしてくれるだろう。商品重量2.5kgとのことで山行にも使えそうだ。難点は設営場所を選ぶということか。

NatureHike 2-3人用 タープスペース付 ダブルウォール



SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK
列車で巡る日本の絶景 びゅう

SPONSORED LINK
アウトドア&フィッシング ナチュラム