SPONSORESD LINK

SPONSORED LINK


5月4日 長野県山岳遭難防止対策協会は定期総会を開き、毎年定めてきた抑止目標指標を、これまでの「遭難件数」「遭難者数」から、より重大な「死傷者数」に一本化する方針を決め、2018年の死傷者数の目標を2017年より9人少ない202人に設定したとのことだ。

山岳遭難抑止、「死傷者数」に目標一本化 長野県遭対協が定期総会

県山岳遭難防止対策協会(遭対協)は4日、長野市で定期総会を開き、山岳遭難の増加に伴い平成26年から毎年定めてきた抑止目標の指標について、「遭難件数」と「遭難者数…




SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK

SPONSORED LINK
アウトドア&スポーツ ナチュラム