SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK


駒ケ根市は、「企業版ふるさと納税制度」を活用して、2016年度から4カ年の計画で中央アルプスの山岳施設や登山道整備の推進に取り組み、今年度、中央アルプス 檜尾岳の山小屋 「檜尾避難小屋」 の改築工事や小屋近くへのテント場新設に着手するとのことだ。

檜尾避難小屋は、木造平屋建て延べ床面積約22平方m定員20人の建物を改修して、管理人部屋などを設けるほか、西側に26平方mほどの木造平屋の小屋の増築、トイレの増設、雨水タンクや太陽光パネルの設置も行い、定員を40人に拡大するという。

Nagano Nippo Web ” 中ア「檜尾避難小屋」改築へ 駒ケ根市

現在の檜尾避難小屋は、檜尾岳山頂の約300メートル東側に1988年に建設。木造平屋建て、延べ床面積約22平方メートルで定員20人。市によると無人のため統計はないが、中アの宝剣岳と空木岳のほぼ中間に位置するため縦走を楽しむ登山者の需要は高く、夏や秋の登山シーズンには満員になることもあるという。一方、小屋周辺でテントを張るなどの禁止行為が行われ、高山植物の花畑など植生の侵害が課題になっている。

SPONSORED LINK

 


SPONSORESD LINK


SPONSORESD LINK