SPONSORESD LINK


SPONSORED LINK

6月6日 山梨、静岡両県が一体となって富士山の環境保全活動などを進める富士山憲章推進会議が行われ、環境省は富士山頂周回線歩道周辺の落石や崩落危険箇所の把握のため、実地測量調査をすることを説明、静岡県はゴミの持ち帰りを外国人らに促すため、登山道でごみ袋を配布するマナー向上対策を8月に実施すると報告したそうだ。
富士山憲章は、富士山の自然と景観を守り後世に引き継いでいくことを目的に山梨、静岡両県が1998年に制定して、今年20年を迎えるとのこと。

富士山憲章会議:山頂落石対策調査へ 静岡でごみ袋配布 /山梨 – 毎日新聞

山梨、静岡両県が一体となって富士山の環境保全活動などを進める今年度の富士山憲章推進会議が6日、富士河口湖町の県立富士山世界遺産センターであり、山頂の落石対策のための調査を行うことなどを報告した。

 


SPONSORESD LINK

SPONSORESD LINK

秋の旅行特集 びゅう
SPONSORED LINK
アウトドア&フィッシング ナチュラム